歯列矯正を矯正歯科で行なうために必要な知識

治療

矯正歯科で治療できるもの

矯正歯科の治療対象となる症状にも、種類があります。八重歯で歯が重なっている場合や、前歯が前に出ていることで唇が閉じにくい出っ歯など、治療によって改善していくことができます。先天異常である唇顎口唇裂による噛み合わせの悪さも、矯正歯科で治すことが可能です。

治療

代表的な治療法

歯科矯正の中でも代表的な治療器具は、マルチブラケットです。歯の一つ一つに器具を装着し、ワイヤーを通して引っ張ることで矯正を行っていきます。また、ブラケットやワイヤーが目立ちにくい透明なものもあり、治療に対する選択肢も広がっています。

矯正治療の違い

歯科矯正を行う方法にも種類があり、マルチブラケット以外にもマウスピースを用いた治療、インビザラインを行う人も増えています。矯正治療を検討しているなら、両者の違いをチェックし、自分に適した治療法を選択しましょう。

矯正治療の比較〜マルチブラケットとインビザライン〜

マルチブラケット

適用症例が幅広いので、様々な矯正治療に利用することが可能です。一般的なブラケットだと装着に違和感があり、審美性はインビザラインには劣ります。しかし、歯の裏側に器具を装着する裏側矯正だと、審美性を損なうことなく治療ができます。

インビザライン

ブラケットではなくマウスピースを用いた矯正治法がインビザラインになります。ブラケット治療に比べると費用は高くなりますが、透明なので目立たず、自分で取り外しを行うことができるので、歯磨きもしやすいのが特徴です。

広告募集中