歯の健康を保つためにも歯科検診を受けることがおすすめ

歯の健康を保つためにも歯科検診を受けることがおすすめ

口元

歯の健康のために必要なこと

歯医者にお世話になるのは、虫歯治療や矯正治療を行なう時だけではありません。治療を最小限に止めるためにも、普段から歯科検診を行うことをおすすめします。虫歯などの早期発見だけでなく、歯磨き指導など口腔内を健康に保つ方法を知ることが大切です。

院内

自覚症状の少ない歯周病

虫歯だけでなく注意していきたいのが、歯周病です。自覚症状があまりない歯周病は、成人の80%がなっているというデータがあります。原因となるプラークや歯石は、歯磨きだけで取り除くことは難しくなります。定期健診を受けると同時にそれらを取り除き、歯周病を防ぎましょう。

治療器具

デリケート口臭の問題

自分では自覚しにくいものとして、歯周病以外にも口臭の問題があります。周囲の人が気になっている場合でも指摘しづらいので、そのままになってしまうことが非常に多いです。定期健診を受けることによって、口内環境などから口臭の原因をチェックすることが可能なので、自覚がない口臭でも改善していくことができます。

男の人

子どものうちからデンタルケアを

歯医者は大人だけのものではなく、幼い子どものうちから通いなれておくことで、丈夫な歯を維持していくことができます。一般歯科に対して、小児歯科というものがありますが、乳歯が生え始める0歳児から、あごの成長が完了する中高生ぐらいまでの間が対象年齢となります。

小児歯科の特徴をチェックしよう

歯型

子どもの成長に合わせて治療

子どもの乳歯は、大人の永久歯と比べて虫歯になりやすく、進行も早くなるので、早めの治療によって対処する必要があります。また、矯正治療も成長が完了した大人に比べると行いやすいので、大掛かりな治療も可能となります。

幼い子は慣れることからスタート

小児歯科で大切なのは、今後のより良い成長を考えながら行っていくことです。幼い子どものうちからケアを行うことが大切ですが、まずは治療に対して不安を取り除いていく必要があります。怖がる子に対しては、イスに座ることから歯科治療がスタートします。

歯の病気予防ができる

虫歯や歯周病の予防も、子どものうちから行っていくことができます。乳歯が生えそろう1歳前後から、フッ素塗布をすることで虫歯を予防することができるので、定期的に塗布していくと効果もより高くなります。

広告募集中