義歯を入れるならインプラント治療について知ろう

抜歯した後の治療方法を決める

歯科治療を行なう上で、抜歯した部分に新たに義歯を入れる場合には、主に入れ歯・ブリッジ・インプラントの方法があります。その中でも、よく治療が行われているブリッジとインプラントの違いを見てみましょう。

ブリッジ・インプラン〜治療の違いとは?〜

ブリッジ

ブリッジを入れる際には、その両隣の歯を削る必要があります。そのため、削った歯が虫歯などになった場合には新たに作り直す必要が出てきます。治療後は、口を開いた際に見えても、違和感はさほどなく仕上がります。

インプラント

保険外治療のため、ブリッジに比べると費用は高くなります。しかし、治療箇所にだけ施術を行うため、他の歯を削る必要がありません。一度顎の骨と結合することで強度が増し、歯周病に気を付ければ長年よい状態を維持することができます。

義歯を入れるならインプラント治療について知ろう

歯型

自分に適した治療を

歯はとても大切なもので、見た目の印象や発音だけでなく、食事の際の噛み合わせは健康にも大きな影響を与えます。また、噛み合わせが悪いと体のバランス全体にも歪みが生じてきます。それを防ぐためにも、自分に適した治療法で歯を入れることをおすすめします。

歯

インプラントのメリット

インプラントは、硬いものでも自分の歯と同じような感覚で噛むことができます。味覚が落ちることもないので、食事を楽しむことができます。他の歯に対しても負担がないため、長い目で見るほどにメリットが大きくなります。

インプラント

血液検査で体の状態をチェック

インプラント治療を行なうなら、血液検査を行う必要があります。この検査をもとに、出血の状態や傷口の治りを予測することができますので、問題点を探っていくことができます。血液検査で問題があれば治療ができないというわけでなく、症状に応じては内科医と連携を取り、治療を進めていくことができます。

インプラント治療の流れ

女の人

インプラントを決めて手術開始

人工歯の形や噛み合わせ、それに合った長さ・太さのインプラントを決めます。手術開始になると、通常の歯科麻酔と同じように局所麻酔を行います。そして必要箇所だけ歯茎を切開して、骨の形を整えます。

骨に穴を開ける

ドリルを使って穴を開けていきますが、その時にはしっかりインプラントを埋め込む方法を決めます。インプラントに応じた深さまで骨に穴を開け、一度深さや方向をチェックします。その後、必要な太さまで穴を広げます。

インプラントを埋め込む

専用の器具を用いてインプラントを穴へ埋め込んでいきます。きれいに骨の中に埋まったら、インプラントの上部にカバースクリューを取り付け、歯茎を縫合して手術場所を閉じます。

骨とインプラントが結合するのを待つ

インプラントと骨がしっかり結合するまで時間を置きます。手術後は、抜歯の時と同じように痛み止めなどの薬を出しますが、抜歯よりも痛みが少ないと感じる方もいるようです。インプラントの種類によって期間は異なりますが、結合するまで3〜4か月程待ちます。その間は、仮歯を入れて処置します。

土台を作って人工歯を装着

骨とインプラントが結合したら、インプラントに付けたカバースクリューを外し、歯茎の形を整えるために土台を装着します。1〜2週間ほど置いたら、人工歯を取り付けるための土台と交換して、人工歯を装着します。

広告募集中